神前挙式での衣装について

 
 
 
 
 

神前挙式での衣装について

 
 
 
 
 
 
伝統的で美しい和装で結婚式をあげたいとお考えの方も多いでしょう。着物は、日本人女性をより美しく見せてくれるものです。最近では神前挙式も人気を集めており、神前挙式では新婦は白無垢や色打掛、新郎は袴を着るのが一般的です。こちらでは、そんな和装についてご紹介しています。
 
 
 

白無垢

 
白無垢は、打掛から小物、帯など全てを白一色で揃えた格調高い和装の婚礼衣装です。挙式で白無垢を着るのは、「邪気を払う」「神聖な儀式に挑む」「嫁ぎ先の色に染まる」などの様々な意味が込められています。白無垢には美しくおめでたい刺繍が施されており、素材、裏地の色にも種類があるため、お気に入りの衣装を着る事が出来ます。
また、白無垢と一緒に合わせる綿帽子は、ウェディングドレスのベールと同様に「挙式が終わるまで新郎以外の人に顔を見られないように」という意味があります。涼し気な素材で作られた綿帽子もあるため、暑い時期でも安心です。
 
 
 

色打掛

 
色打掛は、様々な色を使用した打掛のことです。刺繍や絞りの他、縫箔などがあしらわれており、衣装全体に絵画を描くように模様をあしらった日本の伝統技法の粋を極めた日本を代表する着物の一つです。赤や青、金、銀などバリエーションが豊富なため、好きな色を選ぶ事が出来ます。白無垢と同格の正礼装なので角隠しをつけて挙式で着用する事も出来ますが、白無垢よりも華美な印象を与える事が出来るため、お色直しで2着目として選ばれる事が多いです。
 
 
 

紋付羽織袴

 
新郎は、羽織と長着の左右の胸元、両袖、背に紋が入った五つ紋の紋付羽織袴を着用します。紋付羽織袴とは、現代男性の和装第一礼装で、結納や結婚式、式典などで用いられます。
黒が一般的ですが、白やグレーなどの色もあるので、新婦の衣装に合わせて選ぶ事をおすすめします。紋付羽織袴はスーツとは比べてなかなか着る機会のないものなので、とても良い記念となる事でしょう。
 
 
 
 
 

沖縄で結婚式をあげるご予定の方は、神宮會館をご利用ください。神宮會館では、格式高い波上宮で行なう厳かな神前挙式をご提案しています。基本プランにフォトプラン、祝宴プラン、立酌の結びを組み合わせるとお得になります。和装はもちろん、琉装もご用意していますので、琉球結婚式をあげたいとお考えの方もお気軽にお問い合わせください。 

 
 
 
 
 


神宮写真スタジオ

 写真の専門店

お祝い事の記念写真はもとより証明写真、選挙のポスター用肖像写真、ホームページ用のプロフィール写真、ペットの記念写真もコマーシャル用の写真も古い写真の複製までプロフェッショナルな質の高いお写真を提供させていただきますのでぜひお問い合わせくださいませ。

 

オンディーヌ沖縄店

 成人振袖レンタル & 販売の専門店

成人記念のお振袖のことならオンディーヌ沖縄店へどうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。お振袖のコーディネートもベテランスタッフがアドバイスさせていただきます。また、卒業袴や着物のメンテナンスなどのこともお声がけくださいませ。