沖縄の結婚式の特徴

 
 
 
 
 

 沖縄の結婚式の特徴

本土の女性や男性の方で、沖縄の方と結婚式を挙げる予定の方はいらっしゃいますか。沖縄の結婚式のスタイルは非常に特徴的で、戸惑う事も多いと思います。
こちらでは、沖縄の結婚式の特徴をご紹介しますので、お役立て頂ければ幸いです。
 
 
 

参加人数は200~300人

本土の結婚式は60~80人ほどが平均的のようですが、沖縄では200?300人もの大人数での披露宴もよく見受けられます。まるでそこは、人気芸能人の結婚式場のようです。会場によってはモニターが用意されており、ほとんどの参加者はスクリーン越しで新郎新婦や余興を見る事になります。
 
 
 

招待状の返信用はがきは不要

遠方の親戚へは郵送で送りますが、近くに住む親戚や友人へは手渡しをするのが基本となります。また手渡しをする前に口頭で招待し、出席の可否まで聞いて渡すため、返信用はがきを用意する必要がほとんどありません。
 
 
 

ご祝儀は1万円

本土だと3万円ほど包むのが通常のようですが、沖縄は1万円である事が多いようです。沖縄でも地域によっては今でも200~300もの人数が参加する披露宴もあります。
また、その分料理の費用が抑えられている事も多いです。よっぽど贅沢をしない限り、大赤字になる事はありませんのでご安心ください。
 
 
 

新郎新婦とご両親は上座に座る

本土では、ご両親や親戚の方は新郎新婦から一番遠い末席に配置されるのが通常ですが、沖縄では逆となります。新郎新婦に一番近い上座に配置します。来賓の方も新郎新婦に一番近い上座に配置します。また、下座には通常ステージ、舞台がありご友人席も舞台近くですので余興なども盛り上がります。最近では、全国的にも認知されてきている祝宴お開き前の「カチャーシー」を新郎新婦やご両親一緒に舞台上で踊り華やかな宴もクライマックスとなります。
 
 
 

披露宴が始まる前から飲食OK

祝宴が始まる前からお酒が振舞われるケースも多く見られます。本土では乾杯から飲食が始まるのが一般的ですが、沖縄ではアメリカンスタイル、ウェルカムドリンクということで祝宴前から前菜オードブルなどを頂ける場合もあります。
 
 
 

テーブルは円卓

すべての祝宴セッティングがそうというわけではありませんが、多くのセッティングでテーブルが円卓です。
また、中華料理のように真ん中に回転台が設置されており、そこに料理が盛られた大皿が置かれ、各自でとっていくというスタイルです。
最近人気の長卓でのセッティングもございます。宮中晩餐会のような広々としたセッティングで和食、会席料理をご準備させて頂きます。
 
 
 
 
 
沖縄で結婚式場をお探しの方は、神宮會館をご利用ください。300名様が入るメインホールだけでなく、20名程度の会場までご用意しており、安い費用で立派な結婚披露宴を挙げる事も出来ます。予算を抑えたいという方に是非おすすめの会場です。
神宮會館の結婚式場に関して疑問点や不明点があれば、お気軽に問い合わせください。見学に関する問い合わせも大歓迎です。心よりお待ちしています。 
 
 


神宮写真スタジオ

 写真の専門店

お祝い事の記念写真はもとより証明写真、選挙のポスター用肖像写真、ホームページ用のプロフィール写真、ペットの記念写真もコマーシャル用の写真も古い写真の複製までプロフェッショナルな質の高いお写真を提供させていただきますのでぜひお問い合わせくださいませ。

 

オンディーヌ沖縄店

 成人振袖レンタル & 販売の専門店

成人記念のお振袖のことならオンディーヌ沖縄店へどうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。お振袖のコーディネートもベテランスタッフがアドバイスさせていただきます。また、卒業袴や着物のメンテナンスなどのこともお声がけくださいませ。